Sony(ソニー)wh-ch510を徹底分析&レビュー

Sony(ソニー)wh-ch510を徹底分析&レビュー



※この記事は3分で読めます


wh-ch510の概要


WH-CH510の画像
SONY
WH-CH510
4,070参考価格
3.52

総評】・BTの接続性は良く、音質もスッキリしています。4,000円以下で買えたので満足しています。

この軽量さと音質の良さの両立は素晴らしいと思います。

【デザイン】SONYらしいです【高音の音質】フラットで伸びも良いです。

価格質量バッテリー時間発売日
4,000~5,000円132g35h2019/10/5

※価格は購入ショップや時期により変動します


ソニー製品の中での位置付け


ソニー製品はwhシリーズとして、様々なヘッドフォンをリリースしています。公式サイトで確認したところ2020年10月18日時点で、whシリーズのヘッドフォンは9つあります。


先に結論を申し上げると、whシリーズの中でwh-ch510の価格が実現できている理由は ■程々の音質に抑えられている ■有線接続ができない ことが大きな他のモデルとの違いです。


程々の音質に抑えられている

以下の図は価格と対応コーデックの違いです。どのようなコーデックに対応しているか、これが音質を左右する一つの要素になります。 ※音質について詳しくはこちらの記事をご確認ください


見てみると、上位モデルと比較して、WH-CH510はSBCとAACのみへの対応で、高音質を実現するaptXなどには対応していないことがわかります。


有線接続ができない

他のwhシリーズのヘッドフォンはbluetoothを介したワイヤレスの状態で使用できるだけでなく、ケーブルをつなぐことで有線タイプとしても利用することが可能です。 しかしwh-ch510は、有線での接続はできない、つまりbluetooth接続の状態でのみ使用することができます。


その分コスパ最強

上記のような特徴が上位モデルと違うものの、その分価格が抑えられているので、普段使いやテレワーク用に5,000円以下のヘッドフォンをお探しの方にはおすすめです!


今回比較したwhシリーズの中でもAIの評価が高い商品もご紹介!

WH-1000XM3の画像
SONY
WH-1000XM3
26,800参考価格
4.57

低音が個性を付けられていて聞いてていい音だと思います。

ノイキャン性能はヘッドホンと比べると低いですが携帯性能はいいのがメリットでした。

それを考えればよくここまで再生できるよなと思う【フィット感】かなり良い。

WH-XB900Nの画像
SONY
WH-XB900N
19,313参考価格
4.35

他のヘッドフォンよりも手の届きやすい価格なので、そこまでノイキャンにこだわらない方にはおすすめだと思います。

音漏れ防止】これは優秀だと思います。

ドンシャリの「ドン」が好きで,厚みのある音質が好きな人は買いだと思います。

WH-1000XM2の画像
SONY
WH-1000XM2
31,839参考価格
3.10

フィット感】側圧がちょうど良く、下を向いてもズレ落ちることはありません。

個人的には、低域がとても心地よく感じられ、密閉型でワイヤレスであることが信じられないほど良い音質だと思います。

個人的にはすごくリラックスして聴けるヘッドホンで、期待以上の音質にとても満足しています。


上位機種と比較し、コスパが高いので、wh-ch510も非常に高い4点台の評価となっています。

WH-CH510の画像
SONY
WH-CH510
4,070参考価格
3.52

総評】・BTの接続性は良く、音質もスッキリしています。4,000円以下で買えたので満足しています。

この軽量さと音質の良さの両立は素晴らしいと思います。

【デザイン】SONYらしいです【高音の音質】フラットで伸びも良いです。

最後に


今回は人気の高いソニーシリーズ、中でもwhシリーズのwh-ch510を紹介させていただきました。ヘッドフォンタイプでお手軽なモデルはソニー以外にもあるかもしれませんので、ぜひearcomでぴったりのイヤホンを見つけてみてください!